2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

EF81 95 虹釜!

2014年6月 8日 (日)

TOMIX EF81 95 の改造③ スカート

今回はスカート周りです。

コック付のエアホースは銀河モデルの物を。ジャンパホースは真鍮で自作です。

Dsc_0771

カプラーセットはオリジナルです

Dsc_0772

これで結構印象が変わりました。

エアホースとジャンパホースにプライマーを吹き、筆塗りします。

あと、ステップも塗装します。

乾燥させてる間に、ボディーにユーザー取り付けパーツをつけてしまいます。

TOMIXの手すりは、切り出しやすくて気に入ってます。

KATOのあの手すりは、失敗作ですね~(笑)

Dsc_0773

パンタ碍子にも色差しします。

Dsc_0774

ロゴの「8」のところとナンバーが被って、変な感じですが、実車もこうなってるんですよね~

これで、ほぼ完成です

Dsc_0779


あけぼのをけん引してた頃は、側面の窓に文字があった時代ですから、これで完璧です。

すなわち、これは現行仕様ではなく、少し前の仕様です。

かえってKATOよりよかったかな~

KATOのクイックヘッドマークの対応工事してるので、いろいろいいことが・・・

その記事はこちら

Dsc_0783


やっぱり「北斗星」、似合いますね~

これで・・・下から見ると一層・・・

Dsc_0784


最高です。超自己満足してますヽ(´▽`)/

Dsc_0785


あとは、様子を見て、黒染車輪にしようと思います。







TOMIX EF81 95 の改造② ヘッドマーク

予告通り、今回②は、KATOのクイックヘッドマークを取り付けできるようにします。

それを可能にするために、ボディー内部に磁石を入れるんですが・・・

かなり小さい磁石は、100YENショップには売ってませんでしたので(笑)いろいろ考えていたのですが・・・

いいものをみつけました

みなさんも必ず持ってますよ。

だって、EF81 95 に付属してるんですから(笑)

Dsc_0775


これです(笑)

分解してみましょう

Dsc_0776

Dsc_0777

Dsc_0778

丸い磁石・・・

いい大きさじゃないですか。

多少、内部のプラはカットはしますが・・・

Dsc_0764

緑のパーツを、こんな感じでカットして、磁石をGクリヤーで貼りつけてしまいます~

Dsc_0766

スカートの上の黒い部品も若干カットしましたが、

Dsc_0767


とくに、他の部分には接触せずに収まりました

TOMIXは、やろうと思えば簡単にテールライトがつくようになっているようで、そのテールライト用のプリズムの予備スペースに収まったって感じです。

EF210-300のはこうなってます↓

Dsc_0759


見えているプリズムは、テールライト点灯用のです。

ヘッドライトのプリズムはボディー側にあります。

Dsc_0769


あと、テールレンズは思いっきり被るので、思い切って途中でカットして、修理の時は取れるように木工ボンドでボディーに接着しました。

磁石のところにも補強として少しボンドを付けました。

Dsc_0768


うまく付いてくれました

(v^ー゜)ヤッタネ!!

北陸は牽いたことはないと思いますが(笑)

これを両エンドにやって、完成です!!

次回は、スカート周りをごつくします

もちろん、エクスペンシブ(高価w)な銀河のエアホースを贅沢に使いますよ~

では!

ブログ村に参加しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村


2014年6月 7日 (土)

TOMIX EF81 95 の改造①

Dsc_0758

思ったより出来の悪かったTOMIXのEF8195・・・

いつまでも製品の文句をグチグチ言っても仕方ありませんので、自分の納得のいく仕上がりにしていきます

とりあえず・・・①

カプラーを交換します

ここで、、、

普通?付属のTNカプラーのTNを外してかもめナックルを突っ込みますが・・・

あれは、ダメですね(笑)

カプラーが開いたままで自動開放するし、ミットモナイ!&バネが甘いからフラッフラしてます。

なので、スハネフ14カプラーセットの一部を使ってみました。

Dsc_0763

0.8mm厚分のプラ板をスノーブローに敷いて、その上にスハネフ14のカプラーセットのピンのある本体のほうを、スノーブローのところに収まるように両脇をカット。

でGクリヤーで接着します。

小さくカットした板ばねも入れてるので、KATOのELと同じような構造です。

このあと、カプラーセットの本体のほうにプラ板で自作したフタを取り付けて、固定します。

Dsc_0766


カプラー改造はこれにて終了です。

次は、クイックヘッドマークを取り付けられるようにします。

ただし、新たな部品は買わずにやりますよ~