2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

鉄コレ(東武)

2015年3月27日 (金)

鉄コレ ヨ101 入線

まさか発売されるとは思いませんでしたが・・・


東武鉄道 ヨ101 が発売となりましたので、1両購入しました。




以前、鉄コレのED5060を2機入線させましたので、同時発売のED5080は見送りました。


P1040167


ボディーの仕上がりは好印象、つや消しかな?


P1040166


手すりをユーザー取付にするとは・・・


すぐ折れてしまいそうです。




ボディーの画像は、試作品でも出ましたので、


裏側を見てみます。

P1040168


2つの爪で上のボディーを固定しています。

そんなに固い爪ではないです。


カプラーは、カプラーポケットを付けられそうな気もしますが、やってみないとわかりません。




つづいて、簡単に分解できそうなところをバラシてみました。

説明通り、重りが入っています。 なぜか円柱型2本・・・


Dsc_1995


まだこれ以上分解できますが、怖いのでやめました(笑)







せっかくなので、付属品を取り付けてしまいました。


Dsc_1994


手すりを本体に取り付ける前に、手すりにつけるものはすべてつけておきました。

そうすれば、手すりが折れにくいかもという考えです。

Dsc_1996


接着剤の要りませんでした。きつ過ぎず緩すぎず、いい感じです。


手ブレーキのパーツは、ちょっと緩いのでつけてもいいかな・・・


10分程度で完成!



P1040170


実車を見たことがないので何とも言えませんが、いい出来です。


重りが入るので、鉄コレだ!というほど軽い訳でもありません(私的に。)


黒い床部分は、光沢具合から未塗装かもしれないので、つや消しブラックに塗るのもいいかも?


P1040172


近いうちに、カプラーを変えようと思います。




*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年3月23日 (月)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる 完成

年度末でいろいろやっていたら、更新せずだいぶ日にちが経ちました・・・




さて、やっと81107Fが完成しました

P1040118


久しぶりの全塗装で、失敗もしましたが何とかここまで来ました。


それでは、各車両の側面です。


1枚目・・・画像左が池袋方面
2枚目・・・画像右が池袋方面

のように載せます。

シールの貼り付けの参考等にする場合は、自己責任でお願いします。



まずはクハ81107(4号車)

P1040102


P1040109




続いてモハ82107(3号車)

P1040104



P1040111


この車両を動力車としました。ちょっとだけ床下機器を変えました。




モハ83107(2号車)

P1040105



P1040113


この車両は、コンプレッサーを似たものに変えてあります。




クハ84107(1号車)

P1040107



P1040115






各車両の側面でした。

各車両のカプラーは、加工して取り付けました。動力車のみポケットタイプです。





ここで、使用したパーツを書いておきます。(動力・N化パーツは省略します)

・鉄道コレクション東武鉄道8000系更新車懐かしのセイジクリームセット

・GM鉄道カラー19(西武トニーベージュ)と31(朱色4号)

・GM車輛マークインレタ No.6402(※実車は銀ではなく白文字です)

・トレジャータウン TTP213-21 妻面パーツ(東武8000)

・Bトレインショーティーに付属の100Thステッカー



P1040121


これで、東武8000系ツートンの81107F製作の記事はおしまいです。


次回からは、北斗星ネタに戻ります・・・



*最後までご覧いただきありがとうございました*





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年3月11日 (水)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その10

前回の更新からしばらく経ってしまいました・・・


やっと、注文しておいたパーツが届きましたので、作業再開します



前回、予告でステッカーを紹介と書いたのですが、以前一回写真を紹介したので簡単に・・・

それと、どこにステッカーを貼るのかを紹介すると結構大変なので、完成したときに全車両の写真を載せますので、そちらを参考にしてもらいたいと思います。


さて、今回購入したパーツはこちらです。


Img8110710_1



トレジャータウンさんのエッチングパーツです。


スピーカーの他にも欲張って買ってしまいましたが、今回は使いません・・・


TTP236とTTP213-21のどちらにも収録されている車外スピーカーを使いました。


Img8110710_2


びっくりするくらい小さい文字も・・・

抜き差しできるサボ受けなんかもあります

板もかなり薄くできていますので、ボディーに接着してもそんなに目立たないかもしれません。



Img8110710_3


プライマーを吹いて、さらにクリアコートも吹きました。


これをGクリヤーで接着しました。

Img8110710_5


このぐらいの薄さだと、素晴らしいと思います。


Dsc_1969


あまり目立たないですが、実車もこんな感じなので。


Dsc_1970


ステッカーとスピーカーを貼ったので、イメージが変わります。


ドアステッカーは貼りません・・・


また、実車はつい最近撤去されてしまいましたが、100ThロゴはBトレのものを使ってみました。

Dsc_1972


ちょっと小さめですが、ないよりはいいかな~と・・・


これでほぼ完成です。


次回は完成した車両を紹介します。




*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月28日 (土)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その9

今回は、カプラー交換です。



よくあることですが、鉄コレのスカート付きの車両のTN化が考慮されていない・・・



東武8000系の更新車も、もとのスカートのままではTNカプラーが付きません。


Dsc_1644


これは改造前の状態



たぶん、6050系の流用なんだろう・・・




さて、今回用意したのが

Dsc_1927


6個入りのを買うのもいいですが、今回は2個だけ欲しかったのでこれにしました。



早速ですが、


Dsc_1928


スカートに引っかかる部分は切り落としました!


これ以上切るとまずそうです・・・


Dsc_1941


スカートは、GM製のものに交換しました。


GMのキットを製作したときの使わなかった余りです。





ちなみに、もともと付属していたのはコレ↓

Dsc_1942


鉄コレのスカートを使う場合には、真ん中の2本の裏側を少し削り落とし、両脇の部分をボディーに接着すれば同じようにTNカプラーが着けられそうです。



あとは、ステッカーと車外スピーカーを着ければ完成となりそうです。




次回はステッカーです。




*最後までご覧いただきありがとうございました*



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月25日 (水)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その8

最近体調がすぐれませんが、何とか81107Fの作業は進めております・・・


さて、予告通り今回は床下機器の一部です。


ネタ切れになりそうなので、カプラーは次回・・・



まず、床下機器の話。

Dsc_1812


こちらは、実車のモハ83107のCPです。


P1030711


以前も載せましたが、今回の種車モハ83111も同じです。



ところが、鉄コレのほうは、


Dsc_1634


しかし、鉄コレはちがいます・・・

これも、以前の記事で触れましたが、

P1030434


モハ8311(丸目の8111F)の床下をプロトタイプにしてしまったようです・・・


ということで、せめてCPだけでも交換しようと思います。


Dsc_1908


右半分の部分を適度にカット


Dsc_1910


真ん中のは、事業者限定のほうのモハにでも使うとして・・・


Dsc_1911


GM]の床下パーツから、それっぽいやつを切り出して、プラ板に貼って床下へ接着しました。


よく見ると、実車のCPの左右逆なのですが・・・


GMストアーで探した結果、これが一番良いと感じました。


ちなみに「K」というパーツです。


あとでグレーに塗装します。




ということで、床下機器はこれだけで終わりです。


正直、どれも正しくないので・・・




次回は、前面にTNカプラーを取り付けます




*最後までご覧いただきありがとうございました*



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月22日 (日)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その7

そろそろ完成が近づいてきた、81107Fです。


Dsc_1921


前回、色差ししました。



クリアを吹く前に車番を転写しました。


Dsc_1919


本来ならば、白字です。ですが、銀しか手持ちがなかったので・・・


GMのインレタを組み替えて貼りました。軽くこすれば転写できたので、GMもなかなかやるな~とw


ある程度色差しして、とにかくクリアコートです。


Dsc_1930


クリアコート後、乾燥を待って屋根を取り付けました。


窓ガラスもつけました。


Dsc_1931


だいぶイメージ通りになってきましたよ~


Dsc_1905


今回、表記やマークはこのシールを使いました。


GMのTJライナー(50090型)のシールです(GMストアーで324円?でした。)


といいつつ、10030系のセットにもこのシールしか入っていませんでしたから、ただの手抜きシールです。


ですが、今回使いたい、号車、弱冷房車、車いす、優先席のステッカーが入っています。便利ですw


実は、鉄コレの81111編成セットでは弱冷房車のステッカーが印刷も付属もされていないのです。


鉄コレの東武81111Fを持っている方も、あると便利かもです。


Dsc_1906


ドア上の「弱冷房車」のステッカーだけで、結構印象も変わります。


車いすスペースのある側には、優先席ステッカーはありません




そして、もう一つ、車外スピーカーをどうしようかな?というところで作業が・・・


ペアーハンズさんのはなんか大雑把で着けたくないので、考え中です。





次回はカプラーとか、床下機器について加工します。



*最後までご覧いただきありがとうございました*



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月19日 (木)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その6

天気が悪く、作業が進まなかったので、更新をサボりました・・・



さて、やっと晴れてくれたので再塗装です!



Dsc_1907


今回は、前回の失敗を活かして?#2000の耐水ペーパーでボディー全体をやすり掛けをして、塗料が着きやすくしました。



雨の日を挟んでw



途中のマスキング作業を終えて・・・



Dsc_1913


ベージュを吹きました。


今回も、マスキングテープは二重です。



さて、剥がします。



Dsc_1914


今回は、1枚ずつマスキングテープを剥がしました。


Dsc_1916


二重~


Dsc_1915


成功しました!!



つづいて、マスキングに20分くらいかかった先頭車。




Dsc_1917


どうでしょうか・・・


Dsc_1918


おぉ!



写真だと、ベージュがより薄く見えますなー



早く進めたくて、そわそわしていても体によくない?ので、早速前面を色差しですw


Dsc_1921


ここまで来ると、グッとやる気が出てきます!




今回はここまでにします。




これからは細かい作業となります・・・




*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月16日 (月)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その5

鉄コレで東武8000系の81107Fを作っています。


今回は、作業が進んでいないので他のことを・・・


予告通り、資料編です。資料といっても、塗装の目安のようなものです。



1423787441755


新前面では、どこがオレンジとベージュの境界か分かりません・・・


1423787292711





では、どうやって境目が決まっているのかというと、旧前面(丸目)のヘッドライトと思われます。


P1030754


これは、去年の森林公園ファミリーイベントで撮った8111Fです。



ヘッドライトの真ん中でわかれています。



裾のオレンジは、幌の底(渡り板の下)でわかれています。



では、上の境界はとなるのですが、


P1030723


こちらは、8111Fの方向幕です。方向幕の下あたりが分かれ目のようです。



1423787230449


一方、こちらは81107Fの方向幕です。どっちもすごく微妙なところです・・・


方向幕というより、ドアランプのところが分かれ目といったほうがいいかもしれません。


1423787189925


連結面です。



これを見ても、ステップのところで塗り分けているわけではなさそうです。



配管は、ボディーの色と同じです。



では、これからの塗装工程を考えてみます。

まずは、オレンジを全体に塗装、

細かいところは後で色差しするとして、オレンジを残すところにマスキングテープを貼ります。

ベージュで塗装。

一旦マスキングテープを剥がし、色差しとナンバーを転写。

クリアーで保護。

シール等を貼り付け。



としていこうと思います。



今月中に終わるかな・・・?という感じでしょうか。



あとは、天気ですね。最近風が強くて外で塗装し辛いです。




以上、資料編でした。
明日は更新をお休みしますm(_ _)m


*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月15日 (日)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その4

前回はオレンジを塗装しましたが・・・


続きです。


オレンジの後に、マスキングをしてベージュを吹きます。


Dsc_1895


ここで、マスキングテープは二重にしました。


二重にすると、塗装の境目の違和感を軽減できるそうです・・・


さて、


Dsc_1896


ドア付近がマスキングできていないように見えますが、下のテープはしっかり貼れています。



剥がします。慎重に剥がしました(;;;´Д`)


Dsc_1903



こちら側はいい感じに見えますが・・・


Dsc_1904



裏側はマスキングテープを剥がす際に、オレンジが剥がれてしまいました・・・



オレンジを薄く塗りすぎなのか、素材がツルツルで塗料がのりにくいのか。



車体裾もミスが目立ちます。マスキングの失敗・・・



しかし、とにかく色の確認は出来たので、良しとします。



ちなみに、これでは納得がいかないので、もう一度塗装を落としてみます。



GMカラーがIPAでしっかり落ちるかも確認できますので・・・



その前に、どうせクリアーは吹かずにIPAに入れるので、、、



ガラスとかを取り付けてみました。


Dsc_1901


完成が楽しみになりましたw


今回はここまで!






次回は、資料編の予定です。(天気が悪く、作業が進んでいませんので・・・)



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年2月14日 (土)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その3

昨日は多忙のため更新できませんでした・・・


さて今回は、IPAでの塗装剥離後半です!


前回、IPAにボディーを入れて3時間あたりまでのところの写真で終わりました・・・

その時に一度歯ブラシで擦ってみましたら・・・

Dsc_1892


完全に落ちませんでした。



結局、夕方にIPAに浸けて、室温約18℃位で一晩放置して、翌日の昼にタッパーを間接的に温めて1時間くらい?したあたりでボディーをもう一度IPAから引き揚げて、



IPAタッパーの中で液がはねないように歯ブラシでこすってみると、、、



Dsc_1893

すべて塗装膜が剥がれました。

やはりIPAの温度を上げておくと、剥がれやすかったです。



※IPAを間接的に温める際、液が揮発性であるためか、タッパーが膨らみました。簡単に蓋が開くタッパーだと、突然開いてしまうかもしれませんね・・・



歯ブラシで擦る場合は、強くやるとサッシが折れたりしそうなので気を付けました。



この後、中性洗剤で水洗いして、GM鉄道カラー31を吹いてみました。


Dsc_1894


ところが、これが失敗でした・・・

(この後ベージュを吹いたら失敗となりました。)



その理由は次回とします。


※加工、IPAの使用は自己責任でお願いします。特にIPAは良く調べてみてくださいm(_ _)m



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧