2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

マイクロエース

2015年5月21日 (木)

マイクロエース 113・115系 簡易更新車(濃黄色) 入線

おひさしぶりです・・・

1か月ぶりの更新になってしまいました。


さて、前回北斗星のオロハネ25について書くといったのですが、変更で入線報告をします


P1040457


マイクロエース A-9585 113系・115系・簡易更新車・濃黄色 4両セット


です!


2014年の2月に予約して、同年6月の発売予定から遅れること11か月・・・

やっと発売されました



私は実車を見たことはありませんが、気になったので購入しました(笑)


ですので、実車については触れずに紹介します


さて、G-02編成がプロトタイプなわけで

P1040459


やはりメインはこの2両ですね


P1040463


特徴のあるライト改造も再現されています。

P1040464


クーラーやベンチレーターが未塗装なのがちょっと残念・・・


ただ、セットのうちこの1両だけが屋根が別パーツです。
(この後の展開がある?)


もう1両は、張り上げ屋根になっています。


P1040465


よく出来ていると思います。

印象はかなりいいですねえ




連結部を見てみます。


P1040470


左が既存の金型流用のモハ、右が新規金型の張り上げ屋根クハ

既存のモハは車高が高く、クハと車体の裾が合っていないのが残念です。

張り上げ屋根も目立ちませんね・・・





左が新規金型のライト改造のクハ、右が既存の金型流用のモハ

P1040471

こちらも合っていません




つまり、新規金型同士(クハ)ならば・・・

P1040475


もちろん?裾が合います。張り上げ屋根も分かりますね



P1040473


上から見下ろしても、モハユニットの車高が高いです。

クーラーは、メッシュ部にバリがあって気になるものも・・・



モハの画像は省略します・・・


全体的にみると、良い製品だと思います。

ですが、一部気になる点も・・・

とにかく、クハはかなりの出来です(私が思うに)



あと、なぜかウレタンが白になっていました・・・


なぞです。



先頭車をTN化したら、また記事にしようと思います。


次回は、TOMIXの北斗星増結Bの入線報告記事か、他かです。



*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月25日 (日)

マイクロエース 秩父鉄道デキ200 [パレオ色] 入線

やっと忙しい1月も終わろうとしています(笑)


なかなか模型店に行けなかったのですが、昨日タムタムさんに行ってきました。


相模原のタムタムは、初めて行きましたが、なかなかのお店でした。

ASSYもTOMIXの分売パーツも結構あって、また行きたいと思いますw




ところで、何を購入したかというと、、、


P1030955


はい!


秩父鉄道のデキ201、パレオエクスプレスカラーです!


ラウンドハウスの客車が発売されてから随分経ちましたが・・・


これで、ELパレオエクスプレスができますね



わたしは、以前のデキ200茶や、デキ300青を買い逃していますので、どんな走りをするのかかなり心配でしたが、、、




お店で試走してみると、、、



めっちゃいい走りをしました。


実車同様のスロー運転もできました。

個人の意見ですが、KATOのコアレスモータ搭載の最新SLのようにスローが利きました。

Nを購入して、こんなに動力に感動したのは、KATOのD51498以来です。


P1030958


側面のロゴも、すごく鮮明に印刷されています。

このアングルだと、台車も重圧感があっていいですね~


P1030954


あまりじっくり実車の顔を見ることはないので、何とも言えませんが、私は大満足してます。


P1030943


***

P1030953


詳しく知りませんが、L型軸梁式の台車だそうです。

集電板がちょっと気になりますが・・・

P1030946


個体差で、ステップの辺りが塗装ミス?ですが、このぐらいは自分で塗装するのでいいです。


P1030951


色なんですが、ラウンドハウスの12系は、しまい込んであるので(出すのが面倒・・・)、カプラー交換の時に比べようと思います。

P1030950


***

P1030956_2


早く連結器をどうにかして、ELパレオエクスプレスをやりたいですね~


欲を言えば、デキ500青も購入して、重連やPPも・・・

まあ、今後購入予定品もありますし、在庫の減り具合を見て判断しようかと。


とにかく、いいものを買えて満足しておりますo(*^▽^*)o




*最後までご覧いただきありがとうございました*




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2014年12月13日 (土)

クモヤ143-51 入線

前回の更新から一か月も経ってしまいました~

早いもので、もう2014年も終わりになります。


最近は、やることがたくさんありまして、模型の加工はやれてません・・・


そんな中、まあ、一番の楽しみといえば、模型販売店に展示してあるNを見に行くことなわけで(笑)


今週のはじめ?にポポンデッタさんに立ち寄って、バラシ売りの中古車両を漁ってたときに、こいつを見つけたのですが、まあまあなお値段とちょっとした理由でその日は買わずに帰ったのですが昨日立ち寄ったらまだありまして、、、


「どうしよう・・・でも52番じゃないし。」と言い聞かせて諦めたものの、、、

どうしても諦めきれず、今日も懲りずに行って、買ってきましたw


Dsc_1758

マイクロエースのクモヤ143 51 です。

¥3500円だったので、「ん~」となったわけです。

まあ、1両定価7000円を超えることを考えると、ちょっと得したかな・・・って感じです。



Dsc_1759


いい格好をしたボディーなのに、ちょっと床下が微妙・・・

しかし!KATOのクモユニ74よりいい走りをします。

FW付のマイクロの動力は、私は好きだったりするのです。


さて、クモヤ143 50番台というと、松本車両センターの霜取り運用してるやつが思い浮かぶのですが、、、

これは新潟にいる51番。


Dsc_1760


顔の「1」以外は、52番と同じですかね~

Dsc_1761


モーターのカバーがデカいんですよね・・・

Dsc_1762


「新カヌ」表記ですから、現:新潟車両センターではなく上沼垂{かみぬったり}所属時代ですね。

Dsc_1763


いい顔ですね~

Dsc_1764


室内もグリーンですね。


ちょっと気になるのは・・・

Dsc_1768_2


トイレ。

コレいるか?


Dsc_1765


パンタは、TOMIXのに交換ですかね。

Dsc_1767

全体的に、満足度は高いですね。

少し手を加えれば、いいものになりそうです。

問題は、カプラーですね。


ちょっとずつやっていきます。




12月といえば、鉄コレ20弾ですが、発売は下旬ですかね・・・

鉄コレ20弾にはクモヤではなくクモニが入りますね。

私も1カートン(10箱入り)予約しました。



鉄コレと同時に加工していきますか~

とりあえず、しばらく荷物電車ネタが続きます(笑)



では、また次回

*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2014年9月 3日 (水)

オハネフ24 10 小加工2

前回は、KATOの床下に換装と、帯を塗装したマイクロエースのオハネフ2410の加工の続きです

TOMIXのさよならあけぼの のやつではありません

Dsc_1256


このままでも十分な気もしますが、

やっぱり「あの」機能も搭載したいです。

そう、KATOの変換式トレインマークです。

マイクロエースやTOMIXのボディーと、KATOの床下を合体させる場合、

オハネなどのライトのない車両は簡単ですが、、、

オハネフなどの場合、トレインマークを貼るわけですが、KATOの変換式トレインマークを入れるとなると、前面のガラスパーツが引っ掛かって、変換式トレインマークをそのまま使えません。

Dsc_1271
前面ガラス↑

つまり、変換式トレインマークを装備させるには、KATO新仕様のガラスをマイクロエースの車両に着けなければなりません。

しかし、マイクロのガラスのほうが若干小さいため、大きいKATOのパーツをつけるには、マイクロの車両の口を壊さないよう慎重にちょうど良い大きさに広げる必要があります・・・

 

しかもしかも、、、KATOのこのガラスパーツは、これだけでは売っていません!

ASSYのボディーにくっついて売ってます(ノ_-。)

 

となると、

この加工は非常に金と神経を使います(笑)

でも・・・

 

やりました。

ちょうど、「はまなす」のスハフ14をライトなしにしたので、このガラスパーツが1つ余ってまして、、、

 

加工中は、集中してまして、写真なしですw

完成!!!

Dsc_1265


「臨時」←これ、意外と気に入ってますw

Dsc_1267

「あけぼの」

Dsc_1268

「日本海」

と「団体」の4種にしました。(KATO、ASSY、5181-5Eを使用)

これなら、日本海だけでなく、団臨もできます。

Dsc_1261

ちゃんと、あけぼのセットのオハネフ2425にも5181-5Eをつけときました。

Dsc_1262

 

Dsc_1263

 

Dsc_1264


ついでに、アンテナとシールも貼りました

Dsc_1269

 

Dsc_1270



これで、オハネフ24 10 は終わりです。

 

*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2014年8月31日 (日)

オハネフ24 10 小加工1

以前、マイクロエースのオハネフ24 10を格安でゲットできましたが、、、

それの加工です。

Dsc_1226
(前回と同じ画像↑)

マイクロエースの24系は、オハネフ24502、オハネ24501に続いて3両目の加工です。

いつも通り?床下を換装です。

が、その加工の写真はありません。すいません(笑)

 

今回は、前面の帯の話題です。

青森のオハネフ24金帯は、「10・12・22」の3両がいますが、、、

 

「12」は、北斗星のオハネフ25と同じように、裾帯が前面まで回っていません。

 

「10・22」は、裾帯が前面まで回っており、独特の”顔”です。

 

で、今回のマイクロのオハネフ24 10は、「10」なのに「12」の帯です・・・

まず乗務員室窓が原型なので、青森仕様とは違いますが。

ちなみに、TOMIXの「さよならあけぼの」にもこのオハネフ2410が入りますね。

TOMIXさんなら、しっかり前面まで帯が入ると思いますよ(笑)

ま、ゴロンとシートレディースのロゴが印刷済みでは、応用が利かないので微妙です・・・

 

ところで本題、やっぱり「10」に近づけたいので、金帯を前面まで伸ばしました。

Dsc_1256


写真では荒く見えますが、目で見ると全然気になりません。

最近のカメラは高性能で困ったものです(笑)

床下は、KATOのものに換装済です。

「これぞ、オハネフ24 10 !!」

Dsc_1257


Dsc_1258


アンテナの設置はしようと思います。

乗務員室の小窓化は、シールでも作ってごまかそうと思います。

Dsc_1260


ライトがついた瞬間、「やっぱり床下ごと変えてよかったー」って思います。

最新の床下はいいですね~

 

日本海に組み込んで、1号車として活躍してもらいます♪

 

*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2014年8月27日 (水)

オハネフ24 10 発見。

もうすぐ8月も終わりです。

ここ2、3日「寒い」ですが、また暑くなるのでしょうか?

 

さて、今日は用事があり、川越に行ってきました。

久しぶりに東上線に乗りましたが、

行きは3万系・・・  ほんとは5万系がよかった・・・

帰りは、3万系・・・スルー。次、また3万系・・・スルー。次、10050系・・・諦めよう。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ほんと、3万系ばっかり来ますね。もう飽きました。

で、川越市で「52K」運用についていた4110Fに遭遇!!

Dsc_1221


グリーンマックスさんが製品化するそうですが

フル編成で定価40000円以上・・・

高いですよ

今年の12月は、鉄コレ20弾にEF651033セットに・・・と出費があるかもなので、予約せず、様子見です。

 

さて、川越まで来たので、PePeのポポンデッタに行ってきました。

いつも通り、バラシ売り(中古)を見ていると・・・

素晴らしいのが格安だったので、即買ってしまいました。

Dsc_1223


上の写真で「おぉ!!」ってなった方は、私と同じく?なかなかのブルトレ好きですw

そうです!

オハネフ24の金帯(北斗星用)です。尾久に居た頃の姿です。

マイクロエースの「夢空間セット」の奴ですかね。確か。

Dsc_1222


「600円」でした。

カプラーなんて、どうせ床下ごと換装するので、要りません(笑)

私にちょうど良い状態かな。

Dsc_1227


予想ですが、前の所有者の方がTNカプラーにして、売り払うときにTNだけ外しておいたのでしょう。

Dsc_1226


オハネフ25とは違った、まさに「オハネフ24」w

ただし、裾の帯が前面まで回っていないので、青森に転属前がプロトタイプでしょうか?

(追記・・・オハネフ24 12 は、帯が前面まで回っていないようです)

Dsc_1229

Dsc_1236


しかし、古いのによくできてます。

最近マイクロエースさんはブルトレを発売していませんが、、、

再販して、ボディーだけ売ってくれるとうれしいですw

Dsc_1230


上がオハネフ24、下がオハネフ25。

地味に窓配置が違ってます。

Dsc_1231


こちら側も。

Dsc_1232


もう、床下に用はありません。

ですが、気になるので、分解。

Dsc_1233


ん?

Dsc_1234


LEDか?

Dsc_1235


・・・違いました(笑)

 

さて、私はこのオハネフ24を日本海に組み込みたいのですが、

尾久に居た頃の姿ですので・・・

Dsc_1238


乗務員室の窓が原型です。(上が青森車、下が原型)

ここは、加工すると塗装しなけらばならないので、そのままにします。

裾帯が前面まで伸ばすかは、考え中・・・

伸ばさないで、中間車とすると、いろいろ誤魔化せますが。

(追記・・・車番を10ではなく12とすると、いろいろうまくいくようです。)

とりあえず、加工は週末ですかね・・・

 

*最後までご覧いただきありがとうございました*

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2014年7月 5日 (土)

マイクロエース 「マヤ34」

オハネ24501の記事を前回書いたので、はまなす繋がりで、半年前に買った「マヤ34」も紹介しようと思います

Dsc_0058

買って半年、、、すでにカプラーを改造してあります

「KATOのスハネフ14カプラーセット」使ってもよかったのですが、

ストックのある(用途がもうない)189系あさま のを使いました。

Dsc_0062

分解するとこんな感じです。

このタイプは、クハ189 500 専用のようです。

密連カプラーのこういった形は、この車両以外で見たことがありません・・・

Dsc_0064

この形なら、床下固定用の2か所の爪をカットしても、カプラー本体は何ともありません。

なので、Gクリヤーでこれをマイクロの床下に接着することにしました

Dsc_0061


高さは、プラ板で調整してます

Dsc_0059


カプラーセットがいい感じのデカさなので、横のところにダミーカプラーにくっついてる床下機器も取り付けて、カプラーセットを目立たなくしました

はまなす に連結するつもりですが、北海道にいるマヤは確か自動連結器装備です・・・。

車番も違いますし、それっぽく繋がってればいいので、加工はこれで終わり┐( ̄ヘ ̄)┌

Dsc_0060


しかし!まだ「はまなす」セットは買ってません(笑)


ところが・・・はまなすの資金がこの間「和」とかでなくなったので(笑)、しばらく買えません。

ブログ村に参加しました。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

2014年5月 7日 (水)

マイクロエース E257系500番台 パンタ交換

やっと、念願の10両になったマイクロエースのE257系のパンタを交換しようと思います。

Dsc_0485

以前の記事と同じ写真ですが、使えそうなパンタを買ってみました(笑)
右に写ってるやつです。

ここで、マイクロエースのE257の屋根の写真(パンタ周辺)を載せておきます

Dsc_0574
Dsc_0570

パンタの購入の参考にでも・・・

では、とりあえず元のパンタを取り去ります。

裏から溶かしてあるので、外れないかと思ったら、案外軽い力で外れました。
屋根に傷をつけないように注意しないとですね・・・

Dsc_0568


さて、買ってきたパンタをつけてみます。

その前に、裏のピンを切ってしまいます。
Dsc_0576

取り付け~
Dsc_0577

ちょっと微妙です・・・
Dsc_0486001

少し線路方向に平行に穴を伸ばせばよさそうですが、
私は、やりません(笑)

だって、アフターパーツがありませんから!!

まあ、はまったことははまったし、外れなさそうなので、このまま行こうかと・・・

一応それっぽくするために、台座をイエローで塗装します。
Dsc_0579

シューの部分は、金で塗装。(ホーンはイエロー)

これで交換終了です。

2014年5月 3日 (土)

マイクロエース E257系500番台 旧スカート 衝動買い!?

前回、マイクロエースのE257系500番台の新スカートのカプラー改造をしました。

だから?やっぱり10両で運転したいな~と思っていました・・・

しかし、新スカートをもう1セット買っても車番が被りますし、在庫が品薄なので見つかりませんでした

で、スカート更新時に見られる「旧スカートと新スカートの併合編成」のほうが面白みもありますし、旧スカートならまだ在庫がある店があったのもあり、今回、旧スカート5両を導入しました。

Dsc_0530

これで、念願の10両化

正直、富士登山電車も買ったので金銭的に厳しいですが・・・

つぎはマイクロの115系G2編成も予約してるので節約しないとです

で、早速改造です!!

ところが、新スカートのときのようにはいかないのです・・・

前回と同じようにやってみましたが・・・
Dsc_0523
旧スカートは、前面のスカートの開口部が小さいので、
TNカプラーポンづけではカプラーが首をふらず、前回と同じにしようにもTNがスカートに引っ掛かり、前に突き出せません・・・
Dsc_0524
Dsc_0525_2

ということで、一番やりたくなかったスカートの加工をすることに・・・
Dsc_0526_2

一旦、TNが当たるところをカットしてしまいます。

Dsc_0527

このままでは、変ですから、黄色い部分をプラ板で復活させます。

TNカプラーが当たらないように現物合わせで、Gクリヤーで接着。

Dsc_0528_2
Dsc_0529
Gクリヤーが乾いたら、白いプラ板を塗装します。
今回は、手塗り~

黄色に塗装して、、、

ん?

そんなに気にならないじゃん( ^ω^ )

Dsc_0532

案外、うまくいったかも!?

Dsc_0533
Dsc_0534
繋いでみました。
左:幌の小さいクハE256
右:幌の大きいクハE257

もし、新スカートのパーツが手に入ったら、どっちも新スカートにするかも
でも、旧スカートのTNカプラーはもう元には戻りませんから、このままですかね・・・


次回は・・・
そろそろ北斗星の話題に戻りま~す

マイクロエースE257系500番台の改造①

4連休はNゲージの改造をしようと思って、今日の帰りに部品を調達してきました!

Dsc_0485

JC25は、ネットで注文した「富士登山電車」に使います。
残りは、マイクロエースのE257 500に使います。

テックステーションで品切れで、諦めていたJC6330があったので、わざわざお店に行った甲斐がありました。再販するらしいですが、待てません

富士登山電車は、届いたら手を付けるとして、まずは、E257を改造です

今回は、スカート周り(カプラー)を改造します。

しかし、JC6330をポンづけすると、幌が接触して安心して運転できません・・・
とくに、幌が大きいE257のほう・・・
Dsc_0488

マイクロエースは、ボディーや床下やスカートを加工中に破損すると、KATOのようにASSYがないので、面倒ですので、カプラー側を加工して、接着することに・・・

TNが壊れる寸前!?まで、ボディーや床下やスカートに接触するところをカットします。

最終的に、ボディーや床下やスカートは無加工で済ませました。

Dsc_0496
Dsc_0492

0,3mm厚のプラ板を使って、高さ調整です。

Dsc_0491
これは、クハE257。改造後

これ以上カプラーが飛び出ると、不自然ですし・・・OK?

同様に、クハE256もやります。

Dsc_0498
クハE256

クハE257とまったく同じ様にやったら、今度は飛び出ました・・・

クハE257とは幌が違っていました!!!

まあこのくらいなら、いいか・・・

で、ある程度Gクリヤーが乾くのを待って、連結してみました。

Dsc_0501
連結の間隔は、いい感じ?
Dsc_0499
裏返し~

Dsc_0505
なかなかかっこよくなりました。

次回はパンタグラフですね

今回は、新スカートverです

旧スカートは、少し手間がかかりました・・・

旧スカートVerは→こちら

より以前の記事一覧