2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その4 »

2015年2月14日 (土)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その3

昨日は多忙のため更新できませんでした・・・


さて今回は、IPAでの塗装剥離後半です!


前回、IPAにボディーを入れて3時間あたりまでのところの写真で終わりました・・・

その時に一度歯ブラシで擦ってみましたら・・・

Dsc_1892


完全に落ちませんでした。



結局、夕方にIPAに浸けて、室温約18℃位で一晩放置して、翌日の昼にタッパーを間接的に温めて1時間くらい?したあたりでボディーをもう一度IPAから引き揚げて、



IPAタッパーの中で液がはねないように歯ブラシでこすってみると、、、



Dsc_1893

すべて塗装膜が剥がれました。

やはりIPAの温度を上げておくと、剥がれやすかったです。



※IPAを間接的に温める際、液が揮発性であるためか、タッパーが膨らみました。簡単に蓋が開くタッパーだと、突然開いてしまうかもしれませんね・・・



歯ブラシで擦る場合は、強くやるとサッシが折れたりしそうなので気を付けました。



この後、中性洗剤で水洗いして、GM鉄道カラー31を吹いてみました。


Dsc_1894


ところが、これが失敗でした・・・

(この後ベージュを吹いたら失敗となりました。)



その理由は次回とします。


※加工、IPAの使用は自己責任でお願いします。特にIPAは良く調べてみてくださいm(_ _)m



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その4 »

鉄コレ(東武)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その3:

« 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その4 »