2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« マイクロエース 秩父鉄道デキ200 [パレオ色] 入線 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 »

2015年2月11日 (水)

鉄コレでツートンの81107Fをつくる その1

お久しぶりな記事になってしまいました・・・

自分なりに、なんで更新しないのか考えてみた結果、1まとまりの加工等を1つの記事で書いていたからかと思い・・・


今回から、写真2・3枚の記事をできるだけ毎日更新することにしました*




さて、ここから本題です!


トミーテックさんから発売されている東武8000系の鉄コレ



イベント限定の、不親切な2両セットもたくさん買いました。(笑)



先日、セイジクリームに塗装変更された81111Fが製品化され、新前面が初登場しました。

続いて81107Fの発売と行くと思ったら、8175F+8506Fが発表されてしまいました・・・

オレンジとベージュの「ツートン」塗装がやりたくないのか、何か狙いがあるのかw



丸目の8111F(ツートンカラー)も発売されていないので、発売して欲しいのですがこちらもまだ・・・



たしかに、鉄コレで発売された東武6000系のようにツートン塗装されてはちょっと嫌ですが、、、



ちなみに私はマイクロエースの丸目ツートン(8108F)は持っているので、

新前面のツートンだけないのです。



で、


81107Fをつくってみよう!!という考えになりました。


1423492326862


早速、素材を入手しました


GMカラーは、クロスポイントの8108Fキットのやつを参考にしました。

わたしはエアブラシを持っていませんので・・・スプレータイプです。


81111Fはすでに1編成購入済みなので、81107Fの完成したときに一緒に紹介します






まずは、分解です。

Dsc_1880


塗装はボディーだけです。


ここで、問題です・・・


わたしは塗装剥離をやったことがありません


多くの方が、IPA(イソプロピルアルコール)を使用して塗装を落としているようなのですが、調べると、「体に良くない」らしい・・・


なので、このクリームの塗装に上塗りしようと思ったのですが、友人に相談したところ「厚塗りになるからIPAで落としたほうがいいよ」との助言をもらったので、


今回IPAでの塗装剥離に挑戦です!!!


Dsc_1881


ということで、次回に続きます。(次回はIPAでどうなるか!?です)



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« マイクロエース 秩父鉄道デキ200 [パレオ色] 入線 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 »

鉄コレ(東武)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その1:

« マイクロエース 秩父鉄道デキ200 [パレオ色] 入線 | トップページ | 鉄コレでツートンの81107Fをつくる その2 »