2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« お知らせ | トップページ | TOMIX 「ばんえつ物語オコジョ」のカプラー その2 »

2015年1月17日 (土)

TOMIX ばんえつ物語のカプラー交換(その1)

前回入線しました、TOMIXのカプラー交換をしました。



今回は、先頭(SL側)のカプラーを交換します( ^ω^ )





Dsc_1811


購入したままでは、スロフはTNが、スハフはアーノルドカプラーが付いています。




しかし、KATOのばんえつ物語はKATOナックルカプラーにしてあり、TOMIXのC57を買った場合、C57をナックル化しますので、TNもアーノルドもダメです。



ということで、KATOのナックルカプラーにします。


今回は、スハネフ14カプラーセット(5160-1C3)を使いボディーマウント仕様にします。



Dsc_1835


もとの写真撮り忘れましたので、カヤ24のカプラーと比較しました。

※カヤ24のカプラーセットとスハネフ14のカプラーセットでは爪の位置が違います。


Dsc_1836

まずは周りをカットして最小限の幅にします。爪も、ぎりぎりまで削り落とします。


ナックルカプラーは、EF66用の短タイプです。急カーブ走行が前提の場合は長タイプを使うほうがいいかもしれません。


Dsc_1837_2





1cm平方の、厚さ0.3mmのプラ板を画像のように、爪を避ける切込を入れてGクリヤーで止めます。


あとは床下に接着して・・・


Dsc_1838


ちなみに、幅が1cm以上だと、床下段差に引っかかって入らないかもしれません。

また、前面に飛び出させすぎると、スカートが付けられなくなります。




この後、スカートをつければ完成です。


Dsc_1839


開口部からのジャンパ栓がなくてスカスカですが、カプラーの首ふりがあるので、、、


Dsc_1841


これでKATOのD51498と連結してみなかみ物語とか、KATOのEF6437と1001でmypremium山梨とかもできますね。

Dsc_1842




今回はここまで・・・



次回は、中間のカプラーをどうにかします。

希望では、ジャンパ栓つきKATOカプラーにして、スロフとKATOの新塗装を連結できるようにしたいですね

車間が大きな課題になりそうです。





*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« お知らせ | トップページ | TOMIX 「ばんえつ物語オコジョ」のカプラー その2 »

TOMIX」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX ばんえつ物語のカプラー交換(その1):

« お知らせ | トップページ | TOMIX 「ばんえつ物語オコジョ」のカプラー その2 »