2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

マイクロエース 秩父鉄道デキ200 [パレオ色] 入線

やっと忙しい1月も終わろうとしています(笑)


なかなか模型店に行けなかったのですが、昨日タムタムさんに行ってきました。


相模原のタムタムは、初めて行きましたが、なかなかのお店でした。

ASSYもTOMIXの分売パーツも結構あって、また行きたいと思いますw




ところで、何を購入したかというと、、、


P1030955


はい!


秩父鉄道のデキ201、パレオエクスプレスカラーです!


ラウンドハウスの客車が発売されてから随分経ちましたが・・・


これで、ELパレオエクスプレスができますね



わたしは、以前のデキ200茶や、デキ300青を買い逃していますので、どんな走りをするのかかなり心配でしたが、、、




お店で試走してみると、、、



めっちゃいい走りをしました。


実車同様のスロー運転もできました。

個人の意見ですが、KATOのコアレスモータ搭載の最新SLのようにスローが利きました。

Nを購入して、こんなに動力に感動したのは、KATOのD51498以来です。


P1030958


側面のロゴも、すごく鮮明に印刷されています。

このアングルだと、台車も重圧感があっていいですね~


P1030954


あまりじっくり実車の顔を見ることはないので、何とも言えませんが、私は大満足してます。


P1030943


***

P1030953


詳しく知りませんが、L型軸梁式の台車だそうです。

集電板がちょっと気になりますが・・・

P1030946


個体差で、ステップの辺りが塗装ミス?ですが、このぐらいは自分で塗装するのでいいです。


P1030951


色なんですが、ラウンドハウスの12系は、しまい込んであるので(出すのが面倒・・・)、カプラー交換の時に比べようと思います。

P1030950


***

P1030956_2


早く連結器をどうにかして、ELパレオエクスプレスをやりたいですね~


欲を言えば、デキ500青も購入して、重連やPPも・・・

まあ、今後購入予定品もありますし、在庫の減り具合を見て判断しようかと。


とにかく、いいものを買えて満足しておりますo(*^▽^*)o




*最後までご覧いただきありがとうございました*




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月23日 (金)

TOMIX 「ばんえつ物語オコジョ」のカプラー その3

前回に続いて、TOMIXのばんえつ物語(オコジョ)のカプラー交換を行います。


さて、前回は比較して終わりました・・・

Dsc_1853


今回は、この間隔を何とかしましょう。


まずは、カプラー本体を・・・


Dsc_1867


凸の両サイドを切り落としました。


気持ちちょっと多めにw・・・



ここを切り落とすと、カプラーがばらけてしまうので、Gクリヤーで留めました。


両サイドの切り落としが、ちょうど良ければこうなります(^-^;

Dsc_1857


赤矢印のジャンパー栓の枝のところが、カプラーポケットの開口部に当たるところまで突っ込みました。


切り落としが甘いと、きつくて入りませんし、切り落としすぎると緩くて抜けてしまいます。


Gクリヤーを気持ち多めに付けて完全に固定しました。

もとの蓋もつけてあげます。








そうしてあげると・・・





Dsc_1861


ここまで狭くなります。

試していませんが、推進で急カーブだときついかもしれません。牽引は大丈夫だと思います。

Dsc_1863





ちなみに、KATOの新塗装はというと・・・


Dsc_1864


だいたい同じですね。


ま、わざわざここまでやったのは、、、





これをやりたかったからです↓

Dsc_1859
***

Dsc_1866




グリーン車だけ最初にこの塗装に変わり、、、

変な感じだった移行期・・・


スハフ改造時は、高崎のオヤ12とかもピンチヒッターになってました。





で、


問題は、これを7両にやるのは・・・ということなのです。



あとあとメンテするときを考慮すれば、ほかはTNのほうがいいのかもしれません。


じっくり考えることにします(*゚ー゚*)







*最後までご覧いただきありがとうございました*



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月21日 (水)

TOMIX 「ばんえつ物語オコジョ」のカプラー その2

TOMIXから発売された、「ばんえつ物語・オコジョ展望車」のカプラーのお話の続きです。


入線したときの記事に、若干触れましたが、ある程度まとめてみました。



Dsc_1850


カプラーポケットはこんな感じですね。



まず、


スロフ12とスハフ12の展望室側のメーカー推奨カプラーは、JC6354

中間の連結面には、6個入りの0374、または、1個ずつの分売のJC6353

が書かれています。


素直にTNを使うには、0374を2パック、JC6354を1個でOKでしょうか。


以前の記事での予想は当たりでしたねw



参考までに↓

Dsc_92877t




さて、この通りにTNカプラーをつければ、この記事はここで終わりなのですが・・・




そういう訳にはいかないのです。





前回、展望車側をKATOのボディーマウントカプラーに交換しました。




前回も言った通り、中間はKATOのばんえつ物語新塗装に合わせて、KATOカプラーを着けたいのです。







ということで、試しにいろいろ装着してみました。



Dsc_1852

↑アーノルドカプラーのままです。だいぶ広いです。

Dsc_1853

↑今回取り付けたい、KATOカプラーです。最近出た奴です。これじゃ間隔がアーノルドと変わらない・・・

Dsc_1854

↑カプラーポケットに入れるタイプのTNカプラーです。すごく連結し辛いです・・・。間隔も広いし。

Dsc_1851

↑KATO(ホビセン)のお高い「車間短縮ナックルカプラー」です。若干短いので連結できません。惜しい・・・



ここまで幾つか見たものの、メーカー推奨のボディーマウントTNでないと、無加工ではちょっと間隔が広いですね。



ただ、それほど大きな加工をせずにKATOカプラーの取り付けは出来る感じです。


やはりジャンパ栓の効果は大きいので・・・



次回、なんとかしてみます。





*最後までご覧いただきありがとうございました*




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月17日 (土)

TOMIX ばんえつ物語のカプラー交換(その1)

前回入線しました、TOMIXのカプラー交換をしました。



今回は、先頭(SL側)のカプラーを交換します( ^ω^ )





Dsc_1811


購入したままでは、スロフはTNが、スハフはアーノルドカプラーが付いています。




しかし、KATOのばんえつ物語はKATOナックルカプラーにしてあり、TOMIXのC57を買った場合、C57をナックル化しますので、TNもアーノルドもダメです。



ということで、KATOのナックルカプラーにします。


今回は、スハネフ14カプラーセット(5160-1C3)を使いボディーマウント仕様にします。



Dsc_1835


もとの写真撮り忘れましたので、カヤ24のカプラーと比較しました。

※カヤ24のカプラーセットとスハネフ14のカプラーセットでは爪の位置が違います。


Dsc_1836

まずは周りをカットして最小限の幅にします。爪も、ぎりぎりまで削り落とします。


ナックルカプラーは、EF66用の短タイプです。急カーブ走行が前提の場合は長タイプを使うほうがいいかもしれません。


Dsc_1837_2





1cm平方の、厚さ0.3mmのプラ板を画像のように、爪を避ける切込を入れてGクリヤーで止めます。


あとは床下に接着して・・・


Dsc_1838


ちなみに、幅が1cm以上だと、床下段差に引っかかって入らないかもしれません。

また、前面に飛び出させすぎると、スカートが付けられなくなります。




この後、スカートをつければ完成です。


Dsc_1839


開口部からのジャンパ栓がなくてスカスカですが、カプラーの首ふりがあるので、、、


Dsc_1841


これでKATOのD51498と連結してみなかみ物語とか、KATOのEF6437と1001でmypremium山梨とかもできますね。

Dsc_1842




今回はここまで・・・



次回は、中間のカプラーをどうにかします。

希望では、ジャンパ栓つきKATOカプラーにして、スロフとKATOの新塗装を連結できるようにしたいですね

車間が大きな課題になりそうです。





*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

お知らせ

この記事は、トップに来るように設定しています。

最新の記事は、この次の記事となりますのでご注意ください。



当ブログを読んでいただいている方にお知らせです(改)。


以前の記事で書いた通り、メインのPCからコメントの返信ができなくなっています。 

(→最近になって、コメントの返信ができるようになったようなのですが、時々エラーとなりコメントのお返事ができないことがあります。)

また、今年から新たにブログ専用のtwitterアカウントをつくりました。

twitterをやっている方は、気軽にフォローしてください!
「@blog_ngkojocho」です。ただし、こちらからのフォローはしないつもりです。

twitterでのコメントもOKです!

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


ねぎー工場長

2015年1月 3日 (土)

TOMIX ばんえつ物語・オコジョ展望車 入線

なんか、新年という実感がわかないまま、3日が経ちました・・・


さて、

新年一発目の購入は、



「TOMIX ばんえつ物語・オコジョ展望車 セット」


です!!



Dsc_1808


製品化決定の時から買うつもりでした!

さすがにSL付のほうは高くて買えません。


買っても、門デフでないC57180にします。



旧塗装はKATO、
新塗装もKATO、なので、KATOが来るかと思ったらTOMIXが先手を打ちましたw


ボディーはTOMIXのほうがいいのですが、私が心配しているのは、いずれ来ると思われる転がり抵抗・・・

まあ、これは走らせていかないとわかりませんが。



さて、出来栄えを・・・

Dsc_1810


目玉のスハフとスロフ。

よく出来てます。

これはKATOも完敗かなw


スロフはダミーカプラーではなく、TNカプラーですね。


Dsc_1819


品番が「0512」・・・


0512は旧客用の「自連TN」ですが、12系は「密自連」です。

スロフのカプラーには、しっかり密自連がセットされているので、発売されてないカプラーとなりますね。


セットにはこの1つしか付属していませんから、スハフ側はテックステーションで発売されるのを期待するか、既存のものを組み替えるしかなさそうです

1/4 追記) 調べましたら、キハ52-100用の「JC6354」がスロフのカプラーと同じと思われます。※実際に装着したわけではありませんので、これが正しいかは分かりません。



わたしはTN使いませんので、大丈夫



Dsc_1812


***


Dsc_1813

***

Dsc_1814


もう12系とは思えませんが、なかなかいいデザインです。

最近は流線型ばっかりなので新鮮に感じます。






Dsc_1809


ところで、スハフ12のほうは、スカートがアーノルドカプラーの首振りを避けるために省略されたものが付いています。


これでは締まらないので、本来のスカートだけ付けてみます。


Dsc_1816


付属品は、この3点のみ。左のを取り付けます。



ここで、ボディーの分解は慎重にやります。

Dsc_1817


面白い構造です。


ボディー側の遮光ケース蓋を床板のほうで押さえます。

組み直しの際は、ゆっくりやらないとうまくはまりません。



このセット、結構新たな技術が使われているようです。



さて、スカートだけつけると・・・

Dsc_1818


後でKATOボディーマウントナックルカプラーにします。







中間のオハも、クーラーが作り分けられています。


Dsc_1821

*画像が歪んでるのは、スマホのカメラで撮ってるからです・・・


Dsc_1820


文字もすごくきれいに印刷されています。



Dsc_1822


パッと見オハネに見えますが、スハフ12から改造された展望車です。



他のオハの紹介は省略します。
クーラーが各車によって違う形であるのが再現されてます。







全体的に、素晴らしい製品だと思います。

問題はカプラーですね・・・

中間にTNは高いし、グリーン車登場時の混色(KATO製品との連結)もできません。

かといって、ジャンパ栓付のKATOカプラーでは、間隔が大きく開いてしまうようです。



これからの課題にします・・・



次回は、鉄コレ20弾のTN化 または この続き の予定です。






*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年は、もう少し更新頻度を上げたいと思いますので、よろしくお願いします。


思えば、このブログは2014年の4月にスタートしたわけですが、どんどん更新しなくなってしまいました・・・


1月中は、ほとんど更新できないかもしれませんが、出来るだけ頑張ります!!



それでは。

2015年1月1日 ねぎー工場長

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »