2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ 入線 【キハ110 701編】 | トップページ | 鉄コレ 東武8000系 懐かしのセイジクリーム 入線 »

2014年11月 6日 (木)

ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ その2

前回入線した、ラウンドハウスの東北エモーションのつづきです。

今回は、前回の「キハ110 701」に続いて車両を見ていきます。



まずは、初の形式である「キクシ112 701」です。

Tohoku012


実車は、キッチンスペースやカウンターがありますが、今回の製品ではタイプモデルなので見た目はごく普通のキハ112ですね


ちなみに、この車両は定員がありません。

Tohoku013


窓が実車と違いますが、うまくごまかされています(笑)


どうも、屋根パーツが変に反ってます・・・
たぶん、いつもの素材ではなく、塗装後を考えて白い材料にしたのでしょう。



キハ110との連結面

Tohoku021


実車は転落防止幌が付きます。



側面

Tohoku011


なんか、これでは雰囲気が出ませんので、室内の改装を考えないと・・・


それと、前回も触れたライト基盤。このように、中間に入る運転台には、ライトが入っていません。

Tohoku026




つづいて、キハ111 701 です。


Tohoku018


カプラーカバーが下がりすぎな感じです。

Tohoku017


***

Tohoku016


ロゴはくっきりきれいに印刷されています。

これも屋根がなぁ~

Tohoku014


キクシ112との連結面

Tohoku020


このカプラーは、固くて首を振らないことがよくあり、カーブで脱線しそうになります。

あとでTNかほかのカプラーに交換です。




ちなみに、キハ111とキクシ112に関しては、屋根の形状が実車と結構違います。

Tohoku027


赤丸は、実車にはないもの。

青丸のところには、実車にはホイッスルカバー?があります。


撤去するか、”タイプ”のまま行くかですが・・・

私からすると、スカートよりこちらのほうが気になりなすので、撤去するかもしれません。



とりあえず、これで紹介記事は終わりにします。


そのうち改造するかもしれません・・・ヾ(´ε`*)ゝ


*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村



« ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ 入線 【キハ110 701編】 | トップページ | 鉄コレ 東武8000系 懐かしのセイジクリーム 入線 »

KATO」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ 入線 【キハ110 701編】 | トップページ | 鉄コレ 東武8000系 懐かしのセイジクリーム 入線 »