2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 鉄コレ 東武ED5060 重連総括のジャンパー栓 【試作04】 | トップページ | ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ その2 »

2014年11月 3日 (月)

ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ 入線 【キハ110 701編】

明日祝日なのに私は休みでないので、今日は半日寝ておりました(笑)


午後は買い物に行き、やっと欲しかったものを買いました。



そう、前回の予告通り、こいつの入線です!!


Tohoku023


じゃーんw

発売から数日経ちましたが、本日買ってまいりました~

KATO(ROUND HOUSE)のキハ110系

<TOHOKU EMOTION(東北エモーション)>タイプ





実車は見たことないのですが、八高線を毎日使っておりますので、キハ110系にどうも惹かれて・・・入線となりました



Tohoku004


すごい印刷技術・・・


忠実に模様を再現してますね~




一応、シールもついてます。

Tohoku005


[団体] と、行き先LED撤去を再現する閉塞シール、そして側面のLED表示が付いてます。



ちなみに、LEDが消灯状態(真っ黒)に見えますが、ちゃんと文字が書いてあります。

こんな感じ↓

Tohokuemotionled


実車はどうかは、わかりません・・・


せっかくなので、


レイアウトを少し組んで、おいてみました

Tohoku001


かっこいいですね~


ライトは電球色で、結構明るいです。



お店の人ともお話ししましたが、キハ111とキハ110の幌付側のみ点灯で、キハ112とキハ110の連結面は、基盤が入っておらず点灯しません。ちょっと期待外れ・・・



まあ、どうせ3両で運転しますから、問題ないでしょう。




さて、最近時間がないので、1両ずつ紹介していきます・・・



今回は、キハ110 701 です。


Tohoku006


カプラーカバーが飛び出すぎ?


本来なら幌は撤去されています。

Tohoku007

逆の運転台側

Tohoku008


「盛ハヘ」だそうです。


Tohoku024


この車両の場合は、海沿いのレイアウトのほうが似合いますね~


それにしても、このセットのM車は旧製品流用でFW(フライホイール)なしですが、スローでしっかり走ります。


やっぱり気動車はゆっくりと走るのが実感的なので、スロー走行できるのは素晴らしいことです



では、今回はここまでにします。

次回は、キクシ112 701 を見ていきます。




*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« 鉄コレ 東武ED5060 重連総括のジャンパー栓 【試作04】 | トップページ | ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ その2 »

KATO」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 鉄コレ 東武ED5060 重連総括のジャンパー栓 【試作04】 | トップページ | ラウンドハウス キハ110系「東北エモーション」タイプ その2 »