2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 寝台特急「出雲」の”オシ24” 【後編】 | トップページ | オハネフ24 10 小加工2 »

2014年8月31日 (日)

オハネフ24 10 小加工1

以前、マイクロエースのオハネフ24 10を格安でゲットできましたが、、、

それの加工です。

Dsc_1226
(前回と同じ画像↑)

マイクロエースの24系は、オハネフ24502、オハネ24501に続いて3両目の加工です。

いつも通り?床下を換装です。

が、その加工の写真はありません。すいません(笑)

 

今回は、前面の帯の話題です。

青森のオハネフ24金帯は、「10・12・22」の3両がいますが、、、

 

「12」は、北斗星のオハネフ25と同じように、裾帯が前面まで回っていません。

 

「10・22」は、裾帯が前面まで回っており、独特の”顔”です。

 

で、今回のマイクロのオハネフ24 10は、「10」なのに「12」の帯です・・・

まず乗務員室窓が原型なので、青森仕様とは違いますが。

ちなみに、TOMIXの「さよならあけぼの」にもこのオハネフ2410が入りますね。

TOMIXさんなら、しっかり前面まで帯が入ると思いますよ(笑)

ま、ゴロンとシートレディースのロゴが印刷済みでは、応用が利かないので微妙です・・・

 

ところで本題、やっぱり「10」に近づけたいので、金帯を前面まで伸ばしました。

Dsc_1256


写真では荒く見えますが、目で見ると全然気になりません。

最近のカメラは高性能で困ったものです(笑)

床下は、KATOのものに換装済です。

「これぞ、オハネフ24 10 !!」

Dsc_1257


Dsc_1258


アンテナの設置はしようと思います。

乗務員室の小窓化は、シールでも作ってごまかそうと思います。

Dsc_1260


ライトがついた瞬間、「やっぱり床下ごと変えてよかったー」って思います。

最新の床下はいいですね~

 

日本海に組み込んで、1号車として活躍してもらいます♪

 

*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« 寝台特急「出雲」の”オシ24” 【後編】 | トップページ | オハネフ24 10 小加工2 »

マイクロエース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オハネフ24 10 小加工1:

« 寝台特急「出雲」の”オシ24” 【後編】 | トップページ | オハネフ24 10 小加工2 »