2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 「休日お出かけパス」で出かけました。 | トップページ | KATO E233系横浜線 SIV換装 その2 »

2014年8月13日 (水)

KATO E233系横浜線 SIVの換装 その1 

昨日買ってきたGMの床下パーツで、KATOのE233系、横浜線の「モハE232」のSIVを実車に近づけます。

Dsc_1110_1


昨日のコレをやるわけです。

(4083Bのタンクは、東武10030とかにも使えそうです。)

では、やっていきましょう!

まず、「4083B」のパーツの不要なところをカットします。

Dsc_1114

ピンバイスで穴をあけ、簡単にカットできるようにして・・・

Dsc_1115

両側の部分はカットします。

Dsc_1116

Dsc_1117

そのままでは、高さの関係でKATOの床下に接着できないので、このようにカット(又は削る)

Dsc_1118


上の面は、平らにしつつ、荒いやすりで軽く削ります。

ここまでやったら、不要な部分をカットします。

Dsc_1119

整えます。

Dsc_1120


「4083B」のパーツの加工は、いったん終了。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は、「4106B」のほうを加工します

こちらは、要るところをカットしてとります。

Dsc_1121


こちらは、両側に「4083B」のパーツをくっつけるので、やすりで面を整えます。

あとは、プラ板にこれまでのパーツを接着します。

今回は、瞬間接着剤を使いました。(どうせ、あとで塗装するので。)

Dsc_1123

これです!コレ!!

SC91にそっくりです。

もとと比べると

Dsc_1124


ちなみに実車は・・・

P1000151


濃灰で塗装すれば、たぶん、KATOの床下に合うはずです。

で、

もともとのKATOの床下にあるSIVを取り去ります。

これが一番厄介でした。

Dsc_1125


強度を考えて、背面は少し残しています。

Dsc_1127


SIVを取り去ったので、中央線のモハE232のSIV非搭載車のような感じになりました。

仮付けです

Dsc_1128


色が違うので、まだしっくりこないですが・・・

これを2つ作って、半日終わりました

 

次回に続きます。

*最後までご覧いただきありがとうございました*

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

« 「休日お出かけパス」で出かけました。 | トップページ | KATO E233系横浜線 SIV換装 その2 »

加工・改造」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO E233系横浜線 SIVの換装 その1 :

« 「休日お出かけパス」で出かけました。 | トップページ | KATO E233系横浜線 SIV換装 その2 »