2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

« 鉄コレ 富士登山電車 カプラー交換 | トップページ | マイクロエース E257系500番台 パンタ交換 »

2014年5月 5日 (月)

鉄コレ 富士登山電車 パンタ交換

前回、前面のカプラーをTNカプラーにしました。

今回は、予告通り、車輪の交換とパンタグラフの交換(新製)をしていきます。

用意したのは・・・

Dsc_0588
Dsc_0581

・KATOのE231やE233に搭載されてるPS33タイプ
・KATO20系用?の幌
・KATOボディーマウント密連カプラー(M用)←特にこれという品番ではないです。なんでも
・KATO黒染車輪

などです。

まず、パンタグラフの交換・・・

といっても、製品化されていませんから、それっぽいものを作ります。


Dsc_0580001
↑パンタの選択にお役立てください・・・(笑)

私は、ストックのあったパンタを使います
Dsc_0582

まず、KATOのPS33D?に0.3mm厚のプラ板を適当に切って、ピンバイスで穴をあけて、何かそれっぽい棒?を取り付けます。

Dsc_0583
で、裏に調整のためパンタ台座(碍子のつもり)を取り付け

Dsc_0584
そして、避雷器?を設置します。

Dsc_0586

これで、塗装したら、完成です。

続いて、中間連結器。
トミーテックの鉄コレ用の車輪セット(TT~)に付属しているポケットを使ってもいいのですが、・・・今回は、却下!!

で、KATOボディーマウント密連カプラー(M用)←を使います。

Dsc_0589

Dsc_0590

ここで、一工夫です。

鉄コレの台車って、ぐらぐらするんじゃ て思ってる方もいるのでは?

これは、ピンを交換すれば修正できることを、鉄コレ東武8000系をN化したときに思いつきました

Dsc_0591

ちょっときついんですが、はまることははまります・・・

Dsc_0592

これで、幌をGクリヤーで接着して、完成です

で、そんなこんなやってましたら、パンタの接着剤が乾きました。

仮載せ~~

Dsc_0593

そして、一部を塗装してパンタ完成です。

Dsc_0594
Dsc_0596
あと、ダンパも付けました。

Dsc_0597
ほんと、よくできてますよ・・・

Dsc_0598
Dsc_0599
ダンパがいい感じです。TNではつけられませんからね~

Dsc_0600
手作りパンタ!
Dsc_0602

Dsc_0603

これで富士登山電車は、完成です

« 鉄コレ 富士登山電車 カプラー交換 | トップページ | マイクロエース E257系500番台 パンタ交換 »

鉄コレ」カテゴリの記事

富士登山電車」カテゴリの記事