2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク

  • ブログ村

お知らせ

この記事は、トップに来るように設定しています。

最新の記事は、この次の記事となりますのでご注意ください。



当ブログを読んでいただいている方にお知らせです(改)。


以前の記事で書いた通り、メインのPCからコメントの返信ができなくなっています。 

(→最近になって、コメントの返信ができるようになったようなのですが、時々エラーとなりコメントのお返事ができないことがあります。)

また、今年から新たにブログ専用のtwitterアカウントをつくりました。

twitterをやっている方は、気軽にフォローしてください!
「@blog_ngkojocho」です。ただし、こちらからのフォローはしないつもりです。

twitterでのコメントもOKです!

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


ねぎー工場長

2016年7月 2日 (土)

北斗星用オハネフ25の幌枠(その2)

前回エッチングの幌枠を接着して終わりました、オハネフ25の加工の続きです。


今回はファルベの青色20号(スプレー)で、幌枠と貫通扉を塗装し、幌枠の縁を黒で色差ししました。


P1060772_2


青色についても大きな差がないのがファルベの良いところ。


GMの青色20号では少し暗めです。

P1060773_2

見慣れた最近の北斗星のオハネフの顔になりました。




KATOのオハネフ25 2(DX編成)と比べてみます。

P1060774_2


左がKATO、右が今回幌枠改造したTOMIX

KATOのは元は黒Hゴムですが、はまなすの3番の前面窓や銀帯製品のトレインマークガラスとトレードしてグレーにしています。


P1060775_2


ボディーの幌枠加工はこれでおしまい。


次回はアンテナ等を付けて完成できるかと思います。


続く・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2016年6月19日 (日)

北斗星用オハネフ25の幌枠(その1)

半年以上記事投稿が滞りましたが、元気です(笑)


さて、北斗星のオハネフの前面幌の話です。


以前、それっぽい幌を使っていたのですが、先日トレジャータウンというメーカーからこんなものが発売されました

TTP218-06 24系北斗星幌枠・貫通扉
1466179071279




まさにドンピシャですね、有難いです。


で、早速使ってみることにしました。


まずは車体側の加工から、


極力改造部分を小さくして部分塗装にします。


P1060767

P1060768




今回はTOMIXの0番台(北斗星増結用)を加工します。


パーツの説明には、「元の幌枠を切り抜いてから貫通扉パーツを・・・」とあるのですが、試しにTOMIXのガラスパーツをはめてみましたところ、トレインマークの部分が入りません。

ということで、もとの貫通扉を残すやり方にしました。


元の格納幌枠を削って面一にします。


今回は凹みもそれらしく表現しました。


この状態で、枠をゴム系接着剤で接着すると・・・

P1060769
P1060770




このようになります。


ステップは切り離して製品のままでもよいかと思います。


改造前と比較してみます。

P1060771
改造前は登場時(1988年~数年間)の仕様ですので、最近の仕様にするにはこの幌を使います。



現時点で、この幌で製品化されているのは、

・KATO オハネフ25 2 (DX編成・札幌車)
・TOMIX オハネフ25 214 (さよなら北斗星・尾久車)
・TOMIX オハネフ24 500 (混成増結セットB・札幌車)

のみで、尾久の0番台が製品化されていない状況です。

恐らく今後も出ないでしょう。



札幌車のオハネフ25(0)では、側面に雨樋が露出している点で尾久車と違いがあります。

2008年までの東日本編成と臨時化後の編成の端にオハネフ250を出す場合は、今回のような加工が要ります。

実は記事を書いていませんが、さよなら北斗星は買いましたので、この加工の後に触れていこうかと。




というところで次回に続きます

塗装と、小パーツを取付けて完成予定です


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年9月 5日 (土)

オロネ24 501をつくる その2

1ヶ月ぶりの更新・・・


お久しぶりです


さて、先日臨時北斗星も終焉を迎えてしまいました


そんな北斗星の異端車のひとつ、オロネ24501を作ろうという突発な考えではじめましたw


なお、その1に関しては別ブログに書いてしまったので、そちらを見てください・・・

オロネ24 501をつくる その1←こちら


では、続き行きます

Img_20150810_013619


オロネ25500から引き戸と戸袋部を移植して切り継ぎです。

Img_20150810_200612




きれいに接合できるまでできたら、裏からプラ板を貼って補強

Img_20150810_113522


接着・・・

Img_20150810_195755


余ったボディーの一部で窓を埋めます


Img_20150813_201242


接合部を平らにします

ここまで、瞬間接着剤しか使っていません(笑)


その3に続く・・・


*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年8月 6日 (木)

KATO キハ110-100 LEDを交換する

かなり久しぶりの記事となりました・・・

今回は、かっこよく言えば電子工作です


先日、KATOのキハ110系が再生産され、前回生産分から?電球色のヘッドライトになったそうですが、私の所有しているキハ110はすべて旧製品です。

ただ、TOHOKU EMOTIONでは電球色のものになっていました。


旧製品のライトは、
ヘッドライトは黄色のLEDに透明プリズム
テールライトは赤色のLEDに赤色のプリズム
でした。

そこで、LEDの交換を行うことにしました。


しかし、ASSYパーツの新ライトをいくつも買うと高いので、LEDのみ交換です。

Img_20150805_195203


下のヘッドライトのLEDを高輝度の電球色に取り換えてみます。

1つ試した結果、とくに問題なく成功しましたので・・・


Img_20150805_233606


量産しておきました


ヘッドライトは電球色LED、テールライトは白色のLEDに交換しました


Img_20150806_161828


KATOのキハ110も、初期の製品は抵抗は270Ωがついていますが、このままでは不安なので、560Ωにしておきます。

ただし、まだ最近の旧製品からはすでに560Ωがついていますので、その場合は取り換えずにそのまま使用。




さて、点灯させてみます

Img_20150806_010048


約6V、コントローラのつまみ半分ほどでこの明るさです。

低速から明るく光るため、キハ110には向いているのかなぁとも・・・


そして、テールライト

Img_20150805_204027


これも約6V、コントローラのつまみ半分です。

プリズムが赤なので、LEDは白色のほうが明るくなります。

最新再販のキハ110はヘッドライトは電球色になりましたが、テールライトは赤のままで少々明るさに不満でしたので、明るくなって満足です。



Img_20150805_205158


夜間運転時には、明るさが一目瞭然に見えます。(上は9Vほどの状態)

室内灯を入れたくなってしまいますね・・・


思ったより満足のいく明るさになりました、という記事でした・・・

※加工する際は自己責任で行ってください。
※この記事の画像は、私個人のTwitterアカウントと同じものも使用しています。



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年6月14日 (日)

TOMIX 24系・北斗星【増結セットB】 から

お久しぶりの記事になりました・・・



さて、5月下旬にTOMIXから北斗星増結セットBが発売されました。



私は「すぐに市場から無くならないだろう」と思い発売直後に買わなかったのですが、あれよあれよと売れているようで、慌てて買ってきました(笑)




もうある程度の紹介は他の方が記事を書いておられると思いますので、私はちょっと外れたところについて書こうと思いますw


P1040526


やはり目玉といえばこの2両でしょう


気づいた方もいると思いますが、オハネフ24には幌を取り付けました(後記)


P1040532


製品では幌枠が再現されています。しかし、ライトをつけて最後尾に持っていこうとは考えていないので、幌を取り付けたということです。

ちなみに、KATOのスハネフ14前面幌を無加工で取り付けました。(個人のSNSでもすでにつぶやきました)


P1040533


マイクロのオハネフ24 500では再現されなかった後部のテールライトもあります(*^-^)

P1040527


これですね~、GMのナックルカプラーも試しに搭載です。

それから、銀河モデルのハシゴも取り付けました。


残念なことに、オハネフ24500の床下は、オハネフ24(0)の床下が使用されていて、新規の床下ではありませんでした。


P1040529


クーラーですが、増結セットBに入っているオハネフ25(0)にはAU77の新しいタイプのキセが載っていました。(※単品のものと違います。)
オハネフ24500にはAU76の新キセです。マイクロエースのは旧キセになっています。



P1040537


スハネ25503は、床下シートは新規だと思いますが床下機器は旧ロットの金型流用かつTN対応にしたものです。
KATOとの違いは、Hゴムの色くらいでしょうか


P1040536


手前:もう一つの目玉のオロハネ24 501です。

まさか1両しかいないこれが製品化されるとは・・・

奥:オロハネ25 550(北海道編成~2008年)


違いとしては、帯・雨樋の処理・シャワー室からのルーバー?・トイレ窓などがパッと見わかると思います。


増結セットBに入るオロハネ24550と連結させてみます

P1040535


オロハネ24501のクーラーは別パーツですが、オロハネ24550のクーラーは旧金型のまま一体成型です。

両車の床下機器はオハネ25の流用らしく、実車とちょっと違います。シートはあってます(^-^;





そして、オハネフ25の幌も加工してみました。
P1040538_2


右が製品そのまま、左が加工後。

GMの幌枠を薄く削って塗装し、Gクリヤーで接着しただけです。あと、GMのナックルカプラーにしてあります。

TOMIXのキハ183?用の幌は前回使いましたが、オーバー表現でしたのでこちらにしてみました。



今回のセットは、北斗星好きからは結構待望されていたと思いますが、オロハネ25500が連結されないため微妙な感じです。

普通の増結セットも買え!ということでしょうかw


ということで、以上です・・・




*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年5月21日 (木)

マイクロエース 113・115系 簡易更新車(濃黄色) 入線

おひさしぶりです・・・

1か月ぶりの更新になってしまいました。


さて、前回北斗星のオロハネ25について書くといったのですが、変更で入線報告をします


P1040457


マイクロエース A-9585 113系・115系・簡易更新車・濃黄色 4両セット


です!


2014年の2月に予約して、同年6月の発売予定から遅れること11か月・・・

やっと発売されました



私は実車を見たことはありませんが、気になったので購入しました(笑)


ですので、実車については触れずに紹介します


さて、G-02編成がプロトタイプなわけで

P1040459


やはりメインはこの2両ですね


P1040463


特徴のあるライト改造も再現されています。

P1040464


クーラーやベンチレーターが未塗装なのがちょっと残念・・・


ただ、セットのうちこの1両だけが屋根が別パーツです。
(この後の展開がある?)


もう1両は、張り上げ屋根になっています。


P1040465


よく出来ていると思います。

印象はかなりいいですねえ




連結部を見てみます。


P1040470


左が既存の金型流用のモハ、右が新規金型の張り上げ屋根クハ

既存のモハは車高が高く、クハと車体の裾が合っていないのが残念です。

張り上げ屋根も目立ちませんね・・・





左が新規金型のライト改造のクハ、右が既存の金型流用のモハ

P1040471

こちらも合っていません




つまり、新規金型同士(クハ)ならば・・・

P1040475


もちろん?裾が合います。張り上げ屋根も分かりますね



P1040473


上から見下ろしても、モハユニットの車高が高いです。

クーラーは、メッシュ部にバリがあって気になるものも・・・



モハの画像は省略します・・・


全体的にみると、良い製品だと思います。

ですが、一部気になる点も・・・

とにかく、クハはかなりの出来です(私が思うに)



あと、なぜかウレタンが白になっていました・・・


なぞです。



先頭車をTN化したら、また記事にしようと思います。


次回は、TOMIXの北斗星増結Bの入線報告記事か、他かです。



*最後までご覧いただきありがとうございました*

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年4月22日 (水)

オロネ25 502 【北斗星・札サウ】

久しぶりに、北斗星ネタに戻ります・・・


さて、3月のダイヤ改正にて臨時となってしまった寝台特急北斗星が人気ですが、マイブームは2008年のダイヤ改正の前あたりです(笑)


というのも、北斗星1・2・3・4号が運転されていたからですが。


北斗星1・2号で、全車が札幌車で編成された北斗星を再現したくて、少しずつ集めております。



今回のテーマは、

「オロネ25 502」です。



オロネ25(ツインDX)の北斗星用の車両は、501~506・551がいます(いました)。

オロネ24501もそうですが・・・

詳しくは、

オロネ25-
501は小窓(札サウ・種車はオハネ25 237)
502・503は大窓(札サウ・種車はオハネ25 17・19)
504・505・506は小窓(東オク・種車はオハネ25 233・236・235)

551は特殊(札サウ・種車はオハネ14 514)・・・


という感じです。



オロネ25の小窓車は、KATO・TOMIXから最新仕様で発売されていますが、大窓車はKATOの旧製品しか製品化されていません(近年再販済)。


TOMIXの北斗星北海道仕様Ⅱと連結させたいので、KATOの旧製品では帯が合わないため、TOMIXのオハネ25から作ってみようと思いつき、作りました。



ちなみに、種車はこちら

P1040251


200番台を増備して余剰になったオハネ25です。



で、途中の加工画像を撮り忘れ・・・



P1040241


完成・・・


お手軽に部分塗装で済ませたかったので、上塗りした部分の色味が微妙です。


P1040243


上段の小窓を新設するために穴をあけ、穴の周りを青で塗装して抑えっぽく見せています。


窓は種車のまま。

ステッカーと、引き戸のレールに色差し。


P1040242


改造当初は種車のトイレ窓がありましたが、いつの間にか埋められています。

これも特徴だったので、埋めました。(これがやっりたかったw)


また、床下をKATOの最新床下に交換し、転がり抵抗をなくしました。

通路側は、種車のままにしました。



以上、オロネ25502製作の完成報告でした・・・



次回は、オロハネ25にスポットを当てたいと思います。


*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年4月18日 (土)

TOMIX カヤ27-500 T車化?

また更新期間が開いてしまいましたが、前回の予告通りいきたいと思います。

P1040189


TOMIXのカヤ27です。

動力付きで製品化されたのが良いような悪いような・・・


ということで、この車両がトレーラー化できるか軽く見てみます。



P1040195


単品のカニ24(T)のボディーを並べてみます。

ボディーの丸ポチの凸部も共通で、ガラスパーツだけ違うようです。


P1040196


そこまで大きな違いはなさそうです。

動力車のカヤ27の窓ガラスパーツには、動力ユニットとの爪があります。

また、カヤ27は通常客室と連結する側の乗務員扉の窓が切り取られています。

幌も違うものが取り付けられています。



大きく加工しなくてもT車化できそうな感じです。


P1040197


窓ガラスと幌を取りはずして、ボディーのみをカニ24の床下に組んでみました。

これではガバガバです・・・






ちなみに、私はM車のまま走らせますので実際にはやっていませんが、

・カニ24(T)の通常客室と連結する側の乗務員扉の窓を切り取り、カヤ27に取り付ける。

・幌は固定用の爪を切って接着するか、床下に切り込みを入れて爪を避ける。

これでカヤ27はトレーラー化できそうです。


ただし、カヤ27は床下の色がグレーのため、塗装するか目をつぶって黒で我慢しないといけません・・・


また、残った部品でカニ24を動力化できますが、カヤ27の動力は床下が濃灰なので、黒で塗装することと、車端の扉の窓を工夫しないといけません・・・



こんな感じで、結構あとあと面倒と思われます。

P1040206


製品化はうれしいですが、せめてM・T車を用意して欲しかった気もします。



*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年4月 3日 (金)

TOMIX カヤ27 500 を見る

2015年度になりました。

新たな生活が待ってる!という方も多いですかね・・・



さて今回は、以前の記事で「TOMIXのEF8195とカヤ27500入線」のようなことを書きましたが、カヤ27には触れていなかったので、こちらで紹介します。



もう改造してありますので、見るだけ。ちょっと試してみたいこともやってみます。


P1040207


カヤ27は、カハフE26の予備電源車ということで作られてわけですが・・・

乗ってる側はラウンジがないので最悪ですが、撮る側はネタなわけです。




ちなみに、EF510に牽引機が変わってからは、営業運転はしていなかったと思います。


廃止となる前に、ぜひ組んでもらいたいですね(笑)



P1040188


ヘッドマークは縁をシルバーで塗装、両面テープで貼っています。

カプラーは、KATOのカニ24用のものを加工して取り付けています。

P1040189



P1040191


自作するとなると、このロゴや帯、屋根などがネックだったので、製品化されてよかったと思えます。


P1040193


どういう訳か、M車で発売されまして、なかなかのお値段w

調整用のボリュームが見えます。

緑の扉パーツが付属しており、隠せますが、編成に組んでしまえばわかりませんのでこのままでいいかな~という感じです。


KATOのE26系カシオペアと連結させるため、KATOカプラーにしました。


P1040194


室内です。


P1040202


このシルバーの差もいい感じです。

P1040205


見方にもよります。




次回、この車両がトレーラー車にできるか検証します。



*最後までご覧いただきありがとうございました*
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2015年3月27日 (金)

鉄コレ ヨ101 入線

まさか発売されるとは思いませんでしたが・・・


東武鉄道 ヨ101 が発売となりましたので、1両購入しました。




以前、鉄コレのED5060を2機入線させましたので、同時発売のED5080は見送りました。


P1040167


ボディーの仕上がりは好印象、つや消しかな?


P1040166


手すりをユーザー取付にするとは・・・


すぐ折れてしまいそうです。




ボディーの画像は、試作品でも出ましたので、


裏側を見てみます。

P1040168


2つの爪で上のボディーを固定しています。

そんなに固い爪ではないです。


カプラーは、カプラーポケットを付けられそうな気もしますが、やってみないとわかりません。




つづいて、簡単に分解できそうなところをバラシてみました。

説明通り、重りが入っています。 なぜか円柱型2本・・・


Dsc_1995


まだこれ以上分解できますが、怖いのでやめました(笑)







せっかくなので、付属品を取り付けてしまいました。


Dsc_1994


手すりを本体に取り付ける前に、手すりにつけるものはすべてつけておきました。

そうすれば、手すりが折れにくいかもという考えです。

Dsc_1996


接着剤の要りませんでした。きつ過ぎず緩すぎず、いい感じです。


手ブレーキのパーツは、ちょっと緩いのでつけてもいいかな・・・


10分程度で完成!



P1040170


実車を見たことがないので何とも言えませんが、いい出来です。


重りが入るので、鉄コレだ!というほど軽い訳でもありません(私的に。)


黒い床部分は、光沢具合から未塗装かもしれないので、つや消しブラックに塗るのもいいかも?


P1040172


近いうちに、カプラーを変えようと思います。




*最後までご覧いただきありがとうございました*


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

«激安の「カニ24」